WWECHANNEL

WWEに特化したブログです

鉄道とバスの旅・歴史のブログ
鉄道とバスのブログをやっています

時事ネタニュー速
時事ネタのブログもやってます

しょーもない理由で逮捕されたスーパースターたち5選

今回はヘルインアセルからちょっと時間が経っちゃったんで、ちょっと思考を変えて、しょーもねー理由で警察のお世話になったWWEスーパースター5選を紹介します。にしても凄かったですよね!シェイナ・ベイズラーがあんなに機転が効くとは思わなかったですし、ドリュー・マッキンタイアがボロボロになってもドリュー・ラシュリーには勝てませんし・・・。

ではではまず1人目

ウィリアム・リーガル(1997年某日)

 

f:id:oopswalkman:20210623202841j:plain

 

日本からの帰路の飛行機に搭乗中、泥酔しスチュワーデスに排尿したとして逮捕されている。またこの事件により飛行機は緊急着陸している。

日本でもこの逮捕後にも「リーガル卿」というニックネームを持ち、つい先日までNXTのGMを務めていた。

 

2人目

ブッカー・T(入団前:本人当時17歳)

 

f:id:oopswalkman:20210623203558j:plain

 

ウェンディーズのスーパーマーケットで強盗を働くも失敗。その後1年半投獄される。更生したのちに25歳にWWEのトップレスラーへ。

 

 3人目

ジェフ・ハーディー(逮捕初期:2009年)

 

f:id:oopswalkman:20210623205659j:plain

 

ジェフ・ハーディは警察と切っても切り離せない関係になっているんですね。1度目:薬物所持(2009年)、2度目:DWI(2018年)<容疑は運転能力が弱まった状態での運転とのこと>、3度目:公然酩酊罪(2019年)、4度目DWI(2019年DWIでは2度目)

合計4回逮捕されております。1回目の薬物所持時に薬物克服のドキュメンタリー番組が組み込まれました。番組では15歳の時に薬物販売を行った際にFedexで相手方に送る際に品物名をなんて書くかわからなかったので「くすり」と書いたら補導されたと笑いながらお話ししていました。今回はジェフ・ハーディーと、リーガルを思い浮かんで作ってみました笑

 

4人目

ジミー・ウーソ

 

f:id:oopswalkman:20210623213241j:plain

 

(2019年)飲酒運転2回:160km/hで運転をしているところ保安官に止められる(3回目は妻:ナオミ選手が泥酔状態でハンドルを握り、ジミーが保安官に抵抗をしたところ逮捕される)そして4回目も飲酒運転。と、4回にわたって飲酒運転で捕まっている。

 

5人目

ケビン・ナッシュ

 

f:id:oopswalkman:20210623222219j:plain

 

(2014年)息子への暴力行為、息子のトリンステンとの家庭問題で逮捕される。原因はトリンステンが、母親を冒涜する行為を取ったので、ケビン・ナッシュは彼をぶん殴りその後彼は気絶しました。 



 レスラーはよく精神面が弱いと小耳に挟みますが・・・関係あるのでしょうか!?



 
プロレスランキング