WWECHANNEL

WWEに特化したブログです

鉄道とバスの旅・歴史のブログ
鉄道とバスのブログをやっています

時事ネタニュー速
時事ネタのブログもやってます

サモア・ジョーがAEWにラブコールを受けていた

f:id:oopswalkman:20210505225947j:plain

 

4月15日に解雇された、〝サモアの暗殺者〟ことサモア・ジョーがオール・エリート・レスリング(AEW)のCEOアドバイザー、クリス・ジェリコから入団のラブコールを受けていたことが判明。クリスジェリコ親日本プロレス→WWEというキャリアがありAEWの旗揚げとともに移った選手の1人。言うまでもないが、AEWの旗揚げで大量の選手がWWEから流れて行ったという事実はWWEにとってはかなりの痛手であったということは想像ができる。またレフェリーも大量流出しており、これはシェイン・マクマホンパワハラが原因ではないかという話も出ている。また当時副社長をやっていた、ジム・ロス(通称JR。ネット上で国鉄さんとも呼ばれている。)もAEWに流れた。

 

f:id:oopswalkman:20210505230014j:plain

 

4月15日付でWWEを解雇されたサモア・ジョー

 

話を戻そう。サモア・ジョーのトレーナーとしてかつて藤原組長という愛称で親しまれてきた、藤原喜明破壊王橋本真也ケンドー・カシンと日本人選手が多いのが特徴。更にネット界隈では試合前でも汗がダラダラでその体幹力の高さから「風呂上がりおじさん」という愛称がついていた。昨年、ひざの怪我によりしばらく欠場。その間WWEのレギュラー番組、RAWにて解説をするも先月15日解雇通告を受けてしまう。一応90日間の拘束期間がある。

 

f:id:oopswalkman:20210505230032j:plain

 

〝Y2J〟や〝ライオンハート〟といった愛称があるクリス・ジェリコ

 

クリス・ジェリコは「彼はとても優秀なヘビー級レスラーだ。ジョーとケニー・オメガ、そしてジョーとクリス・ジェリコの試合が実現すれば、彼はより大きなビッグマネーを手にできるんじゃないか」と語っている。※東スポオンラインより

一応クリス・ジェリコはFOZZYというバンドのボーカルを務めている。


ちなみに、こちらがクリス・ジェリコがボーカルをしているバンド、FOZZYの楽曲。結構本格的。

 
プロレスランキング


洋楽ランキング

 

スマックダウンの舞台裏


www.youtube.com

 

プロレス予想家のユーチューバー、トライ・ウォーリアー氏が先日のスマックダウンの追放マッチの裏側について解説。キーワードは契約期間とのこと。あと、動画内でセザーロが活躍している様子をちょっと苦い顔をしていたトライ・ウォーリアー氏。私としては、バーがなくなってから、ここ最近活躍していなかったセザーロがやっと活躍していて嬉しいんですけどねwwwあと、ディーン・アンブロース(当時)に投げ飛ばされた際に勢い余って、コーナーポスト側に激突して前歯を折るという不運が割と目立つセザーロ先生ですよ。

 

 

歯が折れた当時は同じスイス出身で夫が、以前セザーロとタッグを組んでいた、タイソン・キッドのナタリアが前歯2本無い画像を公開。

f:id:oopswalkman:20210430193946j:plain

当時はTシャツにもなってました。

スイス・サイボーグや、スイス・スーパーマン。結構クールなスーパースターですよ。




プロレスランキング

 


解雇されたミッキー・ジェームスの私物が意外なものに入って届く

f:id:oopswalkman:20210425154601j:plain

 

4月23日の元WWEスーパースターのミッキー・ジェームスのツイートに驚くべき内容のツイートが掲載。それは

f:id:oopswalkman:20210425160932j:plain

<本人のツイートより>



コスチュームやロッカーにしまってあった私物などが、なんとゴミ袋で届いているんじゃありませんか草一応ツイート内容は(訳)ディア、ビンス・マクマホン、あなたは知っているかわかりませんが、私はWWEからケアパッケージで受け取りました。ありがとうございました。




HHHからは(訳)会社を代表してリリースされたスターの1部が無礼な扱いを受けたことを知りました。私たちは即座に行動を起こしました。この軽率な行動をした責任者は解雇され、今はWWEにいません。<ミッキー・ジェームスのツイートの5時間後。>


<HHHのツイートの15分後>更にWWEのブランドの責任者であるステファニーマクマホンからは(訳)ミッキー、私やあなたは他の誰かがこのように扱われるのを恥ずかしく思います。個人的に、そしてWWE代表としてお詫び申し上げます。責任者にはもう当社にはいません。

早速、WWEの迅速な動きにメディアも動いた。(この1連の騒動をミッキー・ジェームス事件とどうやら呼ばれているらしく、現地おそらくUSAではこの話題で持ちきり状態だとか。
大手レスリングサイト、B/Rレスリングは(約)HHHとステファニー・マクマホンは「ケアパッケージ」ツイートに返信をしたと報道。この軽率な行動に責任者は解雇されたとの事の経緯と迅速さも報道している。



さて、この騒動はどの様な展開に移って行くのか!?


プロレスランキング



今週のRAWの見どころ

f:id:oopswalkman:20210420203452p:plain

今週はマッキンタイアがマイクパフォーマンス中にMVPが出現。と同時にT-BARとMACEが背後から襲撃。

f:id:oopswalkman:20210420203736p:plain

その様子をニヤニヤしているMVPからスタートです。

f:id:oopswalkman:20210420203841p:plain

マッキンタイアはアダム・ピアーズにT-BARとMACEに試合をしたいと申し出ますが「相方いないと、ハンディキャップマッチになるよ。」と言われます。

f:id:oopswalkman:20210420213637p:plain

バイキング・レーダース対セドリック・アレキサンダーシェルトン・ベンジャミン戦アイバーがトーップロープ越しから飛び越えた様子。

f:id:oopswalkman:20210420213840p:plain

その直後のシェルトン・ベンジャミン。完全にのたれてますwww

f:id:oopswalkman:20210420213943p:plain

さらに場外へボディ・クロス。機転がききすぎてます・・・。

f:id:oopswalkman:20210420214631p:plain

インタビュー中のオートンに絡んできてだリドル

f:id:oopswalkman:20210420215237p:plain

癪に障ったのか、オートンは試合をアダム・ピアーズに申し込みます。

f:id:oopswalkman:20210420215339p:plain

いつも通りのラフな入場

f:id:oopswalkman:20210420215413p:plain

一方オートンはパイロがすごいですね。レジェンドキラー、毒蛇、最強の捕食者とたくさんのネームがありますしね。

f:id:oopswalkman:20210420215556p:plain

開始直後リドルがスリーパー(1発目)

f:id:oopswalkman:20210420215839p:plain

何とかふりおとす

f:id:oopswalkman:20210420215905p:plain

そして2発目

f:id:oopswalkman:20210420220013p:plain

後ろへ倒し回避

f:id:oopswalkman:20210420215935p:plain

3発目(こちらは打撃をしまくって回避)

f:id:oopswalkman:20210420220236p:plain

怒涛の4発目

f:id:oopswalkman:20210420220304p:plain

こちらは廻って場外へ行って回避

f:id:oopswalkman:20210420220838p:plain

場外へ移動後まずはオートン、解説席へ放り込む

 

f:id:oopswalkman:20210420221317p:plain

リング内ではオートンがスリーパー

f:id:oopswalkman:20210420221404p:plain

ただ、リドルのすごいところは身軽なところ。助走なしでセントーンができている

f:id:oopswalkman:20210420221605p:plain

といいつつ、オートンのセカンドロープからのDDT

f:id:oopswalkman:20210420221511p:plain

オートンを足払いさせて

f:id:oopswalkman:20210420221738p:plain

転倒www

f:id:oopswalkman:20210420221836p:plain

次に捕食モード

f:id:oopswalkman:20210420221900p:plain

RKOに入る前に

f:id:oopswalkman:20210420222037p:plain

カバーされて、リドルの勝利。

f:id:oopswalkman:20210420223021p:plain

次はタッグマッチですが、ここ最近はナイア・ジャックスは自爆キャラ化しています。強キャラプッシュしすぎると。飽きられるというのもあるかもしれませんね。

f:id:oopswalkman:20210420223213p:plain

ラナ、ナオミの2選手コンビって意外な組み合わせでもナオミ選手側にキャラを合わせてみたら会うものですね。

f:id:oopswalkman:20210420223409p:plain

でも2選手を投げ込むってやっぱナイア・ジャックスってすごいっすね

f:id:oopswalkman:20210420223839p:plain

と、そこにマンディ・ローズとデイナ・ブルックがやってきました。

f:id:oopswalkman:20210420223950p:plain

というのも先週の放送で「レッスルマニア37」でマンディ・ローズが入場時にずっこけていたところを2人が爆笑していたところを先ほどの2人が襲撃して、試合へと発展した経緯があったんですね。

f:id:oopswalkman:20210420224216p:plain

その試合で、ナイア・ジャックスがリングに戻るときに足を踏み外すという自爆キャラ街道を進んでいるわけでして・・・。マンディ・ローズとデイナ・ブルック

f:id:oopswalkman:20210420223518p:plain

ナイア・ジャックスがいなくなった途端に2選手は一気にシェイナに向かって反撃をして

f:id:oopswalkman:20210420223619p:plain

ヒップアタックで勝利です

f:id:oopswalkman:20210420224547p:plain

そして戻ってきた時のナイア・ジャックス。すでに負けていてこの表情。

f:id:oopswalkman:20210420225150p:plain

今回のミズテレビはモリソンというよりミズ夫妻で行われている模様。ということは妨害が楽しみです。

f:id:oopswalkman:20210420225249p:plain

てな訳で早速ゲスト(試合相手)の登場です

f:id:oopswalkman:20210420225401p:plain

そういえばここんところ、アライアスは歌に入る前にまずギターすら弾けない状態の妨害

f:id:oopswalkman:20210420225534p:plain

エグゼビア・ウッズはどうやらトランペットはやめたようです

f:id:oopswalkman:20210420225622p:plain

コフィ・キングストン対アライアスなのですが、エグゼビア・ウッズもそれなりに役目を果たしてます。

f:id:oopswalkman:20210420225739p:plain

持つ側も何ですが、受ける側も直立ってすごいんですよね

f:id:oopswalkman:20210420225838p:plain

クロスボディって万能技ですよね

f:id:oopswalkman:20210420225950p:plain

ふと気になったのが、アライアスがマッチョマンスタイル使えるんだぁっていうこと。以前もアンダーテイカーのオールドスクールを使用していて驚きましたが・・・。

f:id:oopswalkman:20210420230150p:plain

※一応ですけど、これはプロレス番組ですよ。

f:id:oopswalkman:20210420234115p:plain

2対1のハンディキャップマッチ

f:id:oopswalkman:20210420234222p:plain

個人的な法則、モニター越しで見ている時は負ける可能性は低い

f:id:oopswalkman:20210420234407p:plain

序盤からWスープレックスを受けたり

f:id:oopswalkman:20210420234512p:plain

ナイフエッジチョップをくらったり

f:id:oopswalkman:20210420234545p:plain

Wでニーを食らったり、かなりT-BARとMACEのペースに巻き込まれちゃっています

f:id:oopswalkman:20210420234620p:plain

対抗はするものの

f:id:oopswalkman:20210420235138p:plain

いわゆる牛殺し的な頭突きをされる

f:id:oopswalkman:20210420235610p:plain

そして、人間界の巨獣ことブラウン・ストローマンが登場

f:id:oopswalkman:20210420235858p:plain

取り組あいスタート

f:id:oopswalkman:20210420235942p:plain

迫力のあるクローズライン

f:id:oopswalkman:20210421000032p:plain

解説陣も言っていました「ビッグスマイル」と。

f:id:oopswalkman:20210421000120p:plain

この選手元重量挙げの選手だけあって、腕力凄いんですよね

f:id:oopswalkman:20210421000230p:plain

大柄選手2人になったので形勢が逆転しました

f:id:oopswalkman:20210421000338p:plain

今回は投げ技というより打撃技が中心でしたね。そりゃそうか。相手も大柄の選手ですもんね。

f:id:oopswalkman:20210421000525p:plain

コーナーポストに勢いよく当てているシーンです。怒りが爆発しているようです。

f:id:oopswalkman:20210421000717p:plain

マッキンタイアはマスクを外すことに成功したようです

f:id:oopswalkman:20210421000804p:plain

マスクレスラーにとってマスクを外すっていうことはどんな感じなんでしょうね・・・。

f:id:oopswalkman:20210421001219p:plain

マスクを外されやはり激おこ状態なんですね

f:id:oopswalkman:20210421001314p:plain

でもそのマスクを武器として使用します。応用してますね。ただこれで反則負けに。

f:id:oopswalkman:20210421001414p:plain

もう1人のマスクレスラー、T-BARがやってきてマッキンタイアに襲撃

f:id:oopswalkman:20210421001455p:plain

ブラウン・ストローマンが救済する

f:id:oopswalkman:20210421002121p:plain

そしてT-BARのマスクも剥がす。

f:id:oopswalkman:20210421002205p:plain

2人は花道を去っていった

f:id:oopswalkman:20210421002232p:plain

そしてミズテレビのゲストダミアン・プリシットとの対決。まずはサミ・ゼインなどの定番、試合開始後すぐに場外へ逃げる。

f:id:oopswalkman:20210421002503p:plain

あ、今回はキスなんですねwwwその様子をただただ待つというダミアン・プリシットがこれまたシュール。

f:id:oopswalkman:20210421002808p:plain

戻ったら、すぐ投げ飛ばされるミズ

f:id:oopswalkman:20210421002855p:plain

からのよちよち歩き

f:id:oopswalkman:20210421003146p:plain

あぁ今週もありましたねマリースの妨害。でも妨害行為も優しくなりましたね。いっときは香水らしきものを目にかけていたりなんてのもありましたからね。

f:id:oopswalkman:20210421003310p:plain

場外送りです。

f:id:oopswalkman:20210421003552p:plain

ただ

f:id:oopswalkman:20210421003625p:plain

ミズのネック・ブレーカーって結構凄いなぁって思うんですよね

f:id:oopswalkman:20210421003812p:plain

ダミアンさんのやる気スイッチは結構入ったようですが・・・。

f:id:oopswalkman:20210421003954p:plain

マリースが再び妨害をしようとしますが

f:id:oopswalkman:20210421004114p:plain

一応、足元を抑えているんですね(でも、いざ自分が身の危険を感じたら真っ先に退場します)

f:id:oopswalkman:20210421004620p:plain

あと、気になったポイントがありましてこの方ウンベルト・カリーヨなんですよ。カリーヨというとあの205LiveからRawへ格上げされたスーパースターで、髭が生えるとだいぶ印象が変わるんだなぁなんて思いましたよ。彼はいわゆる、童顔の選手で髭を生やすと印象が変わるというのと、ふとロバート・ルードっぽくも見えるなぁなんてのも感じます。

f:id:oopswalkman:20210421005313p:plain

てなわけで今回はシェイマスにボコボコにされております。

f:id:oopswalkman:20210421005446p:plain最後に、アスカ対シャーロット・フレア戦ですが、王者リアリプリーはパイプ椅子を花道越しにおいて観戦。こういうスタイルも新鮮かも。

f:id:oopswalkman:20210421005801p:plain

アスカのバックドロップの受けも綺麗なシャーロット・フレア

f:id:oopswalkman:20210421005930p:plain

スカロックの回避の仕方も

f:id:oopswalkman:20210421010016p:plain

力ずく

f:id:oopswalkman:20210421010122p:plain

応用が聞く人同士の試合って見応えがありますよね

f:id:oopswalkman:20210421010146p:plain

不時着・・・そのままダウン

f:id:oopswalkman:20210421010708p:plain

あと、シャーロット・フレアのスピアーはフォームが綺麗

f:id:oopswalkman:20210421011116p:plain

スカロックは要点を抑えられた上にロープブレイクしにくい点が恐ろしいですよね(サブミッションって基本そっか・・・。)

f:id:oopswalkman:20210421011305p:plain

今度は足を抑えて、父ちゃん直伝の4の字固めからの

f:id:oopswalkman:20210421011609p:plain

フィギュア8(レッスルマニアで初の敗北をしました・・・。連勝記録ストップ)リア・リプリーがいる意味がようやくわかりました。

f:id:oopswalkman:20210421011846p:plain

妨害でございます。

f:id:oopswalkman:20210421011924p:plain

この間にアスカがホールド勝ち

f:id:oopswalkman:20210421012029p:plain

怒りのあまりレフェリーを投げ飛ばした・・・完全にヒール化ですね。

f:id:oopswalkman:20210421012159p:plain

こういう展開ってなんとなくアティチュードを思い出すのですが

f:id:oopswalkman:20210421012338p:plain

そして後から駆けつけて「ゲットアウト、ヒア」といういつもの展開に

f:id:oopswalkman:20210421012447p:plain

んでもって今度は殴ると・・・。ベテラン選手のヒール化が多いなぁなんて感じております。

 

 
プロレスランキング



 

 

今週のスマックダウンと大量解雇

今週のスマックダウンは(印象に残っているシーンを中心にお届けしております)

f:id:oopswalkman:20210417222723p:plain

ベルトを防衛した、レインズの口上からスタート

f:id:oopswalkman:20210417222832p:plain

口上終了直前にセザーロが乱入

f:id:oopswalkman:20210417222917p:plain

ただ、セザーロは個人的に足を引きずっている様子がありので大丈夫か心配しております

f:id:oopswalkman:20210417223038p:plain

何かしら交えたりあるのかな!?と思ったらにらみ合いを行い

f:id:oopswalkman:20210417223136p:plain

レインズたちは帰って行きました。

f:id:oopswalkman:20210417223207p:plain

そしてセザーロはこの表情

f:id:oopswalkman:20210417223252p:plain

そしてアダム・ピアーズにレインズと戦いたいと話しかけます。にしてもWハゲってのも新鮮なカットですね。

f:id:oopswalkman:20210417223454p:plain

何でしょう。ヒールに護衛がここ最近ついてきているんですね。AJも、以前は「惑星のチャンピオン」とか言っていたダニエル・ブライアンも、エリック・ローワンを護衛という形でつけていた時期がありました。

f:id:oopswalkman:20210417223923p:plain

レイ・ミステリオ対オーティス戦。身長や体重、胸回りなどどの数値をみてもオーティスの方が優っているんですよ。レイ・ミステリオが175ポンドなので約80kg。一方でオーティスは330ポンドなので約150kg。個人的には生活習慣病になるかどうかが心配。

f:id:oopswalkman:20210417223814p:plain

始まる前からこの体格差。この150kgオーティスからスプラッシュなんか食らったらひとたまりもないでしょう。というか、以前すでに食らってましたが・・・。

f:id:oopswalkman:20210417224929p:plain

オーティスの両腕を封じ込めてカウントを取れたというのがすごいっすよね。と言いつつ、この3カウント中に150kgのうち何kgがミステリオに負荷がかかっていたのが気になる点でもあります。

f:id:oopswalkman:20210417225258p:plain

対レインズ戦の予定でしたが、急遽ジェイ・ウーソ戦になりました。

f:id:oopswalkman:20210417225445p:plain

ただ、セザーロがかなり優勢で試合が進んでいたのですが・・・。

f:id:oopswalkman:20210417225546p:plain

セス・ロリンズが乱入して無効試合になりました。

f:id:oopswalkman:20210417225239p:plain

どうやら、この先週敗北したレッスルマニアの対戦のことを根に持っているのでしょう。

f:id:oopswalkman:20210417225820p:plain

にしてもセス・ロリンズのジャケット何気にすごい柄ですね 

 来日時(道頓堀)にたこ焼きを頬張っていた頃が懐かしかったっすwww


素の部分とダサTシャツってなんかよく分からないフィット感があるんですよね・・・。

最後にWWEに大きな変動があったようなのでこの動画で締めくくりたいと思います。この型の言っていることが事実かどうかはご自身で判断してください。

 

 
プロレスランキング





今週のRAWの見どころ

f:id:oopswalkman:20210414222233p:plain

この日はなんとバイキング・レーダーズが復活

f:id:oopswalkman:20210414222343p:plain

アイバーが側転をしたり

f:id:oopswalkman:20210414222935p:plain

アイバーが

f:id:oopswalkman:20210414222941p:plain

武器として使われたりと、本用に万能でバイキング・レーダーらしい復活でした

f:id:oopswalkman:20210414223118p:plain

王者戦のリ・マッチはシャーロット・フレアの妨害という形で無効試合になりました。いつもの展開ですね。

f:id:oopswalkman:20210414223333p:plain

それよりも今週はマリーズがきたというのが大きかったかなという感じです。なぜなら、対ミズ戦で対戦相手がマリーズによるを受けるというある種の楽しみが出てきたからですよ。

f:id:oopswalkman:20210414223459p:plain

早速、バッド・バニー戦の不正をVTRで楽しんで

f:id:oopswalkman:20210414223840p:plain

タッグパートナーのダミアンが来てバトルして、ちゃんとズボンをビリビリに裂いてくれて

f:id:oopswalkman:20210414224159p:plain

マリーズ復帰の1ST妨害、開始みたいですね。ロープ越しに苦情を言った際にダミアンが宥めようとした際に

f:id:oopswalkman:20210414224437p:plain

ミズに抑えられちゃいました

f:id:oopswalkman:20210414224547p:plain

マリーズのいいなぁと思う点はちゃんとつまずく様にセットしてるんですよね

f:id:oopswalkman:20210414224719p:plain

んで、こんな感じでずっこけると・・・。ちゃんとオチも含めて1セットですからね。

 
プロレスランキング

レッスルマニア2日目

今日はレッスルマニア37の2日目。とりあえず今回も印象に残ったシーンをかいつまんで観ていこっかと思います。

f:id:oopswalkman:20210412220009p:plain

まず、ランディ・オートン対ザ・フィーンド、ブレイ・ワイアット戦。なんかこのアレクサブリスのメイクはR.E.M.マイケル・スタイプに似ているような・・・。

f:id:oopswalkman:20210412220838j:plain

ちなみにこの方ですね(ライブ時になぜか青いラインを引くんです)

f:id:oopswalkman:20210412221028p:plain

フィーンドの状態でこうさかさになられると怖さが倍増って感じですね。

f:id:oopswalkman:20210412221213p:plain

ところで、この仕掛けってどうやって行ったのでしょう!?

f:id:oopswalkman:20210412221311p:plain

結局何を狙っているんでしょうね・・・謎です・・・。一応あぐらをかいているので、ヨガテイストでしょう。

f:id:oopswalkman:20210412222254p:plain

続いて女子タッグ王者戦。てか、まずはシェイナ・ベイズラーのようにUFC出身のレスラーはキングボンビーテイストの思いっきし目を真っ黒にしてますよね。

f:id:oopswalkman:20210412223030j:plain

例えば、こちらはレッスルマニア35のロンダ・ラウジー

f:id:oopswalkman:20210412221644p:plain

大型(というより名門出身)同士のにらみ合いって面白いものですよね

f:id:oopswalkman:20210412223423p:plain

ここで驚いたのは、ナタリアとタミーナのダブルクロスボディをナイア・ジャックス受けたということ、身体的な負担はすごいと思う。

f:id:oopswalkman:20210412223646p:plain

そしてちゃんと待っているという律儀さ

f:id:oopswalkman:20210412223725p:plain

避けようと思えばできるんですけどねwww

f:id:oopswalkman:20210412224214p:plain

少し飛んで、アスカ対リア・リプリーRAW女子王者決定戦です。当初私の予想はおそらくアスカが死闘の末負けるかなぁなんて考えてました。(結果はネットニュースやWWEネットワークなんかを見てくださいね)

f:id:oopswalkman:20210412224517p:plain

アスカは若干お面が特殊かなぁくらいです。

f:id:oopswalkman:20210412224158p:plain

リア・リプリーは入場時に大差を感じました・・・。あと、寂しい事を言いますが、日本人選手はあまり長くバルト保持は難しいです。USAの団体だから(リア・リプリーは一応オーストラリアですが)後は、アスカとリア・リプリーとの抗争へ持っていくっていう方向もありえますし・・・。

f:id:oopswalkman:20210412225216p:plain

序盤はヒップアタックや、場外へ無理矢理連れ出して膝蹴り。後、背中に蹴りを入れたりとアスカが優勢なんですね。

f:id:oopswalkman:20210412225356p:plain

アスカの胴体を両足で抑えたリア・リプリーの眼光が恐ろしかったっすwww

f:id:oopswalkman:20210412225556p:plain

アスカのサブミッションを

f:id:oopswalkman:20210412225619p:plain

持ち上げる事で回避したり

f:id:oopswalkman:20210412225756p:plain

1番注目ポイントのトップロープのアスカをなんとドロップキックで降ろすというとてつもないジャンプ力

f:id:oopswalkman:20210412230003p:plain

サブミッションを

f:id:oopswalkman:20210412230009p:plain

アームバーで応用するアスカもまたすごかった試合でした。

f:id:oopswalkman:20210412231342p:plain

続いてもう一つのメイン(ユナイテッドステイト王者戦)はトリプルスレッドマッチ(三つ巴戦ですね、このお三方ではないですが)

f:id:oopswalkman:20210412231613p:plain

とりあえず、ジェイ・ウーソは場外のスーパースターをスーパーキックする係だとわかりました。

f:id:oopswalkman:20210412231723p:plain

エッジも食らいましたが、ウーソをスチール階段に当てて

f:id:oopswalkman:20210412231903p:plain

ウーソは負傷。退場します。

f:id:oopswalkman:20210412232152p:plain

この試合はレインズより、エッジとダニエルブライアンがすごかった。

f:id:oopswalkman:20210412232320p:plain

レインズがリングに叩きつkrてカウントを取ろうとするも失敗

f:id:oopswalkman:20210412232450p:plain

エッジ先生は常にお怒りモードです

f:id:oopswalkman:20210412232505p:plain

いつもの「ウーアー」が出ましたが

f:id:oopswalkman:20210412232525p:plain

躱され

f:id:oopswalkman:20210412232541p:plain

パワーボム

f:id:oopswalkman:20210412232610p:plain

しかしダニブラさんがカウントをカット

f:id:oopswalkman:20210412232626p:plain

今度はエッジにイエスロック

f:id:oopswalkman:20210412232709p:plain

・・・するもレインズに道具として使われてしまう

f:id:oopswalkman:20210412232750p:plain

今度はエッジのヘッドロック

f:id:oopswalkman:20210412232814p:plain

さらにロングヘアを口に挟まれた状態で・・・。

f:id:oopswalkman:20210412232839p:plain

そして1人追加

f:id:oopswalkman:20210412232903p:plain

大事なことに気がついたようです。(これでもしレインズがタップアウトをしたら誰が勝者となるんだと・・・。)

f:id:oopswalkman:20210412232923p:plain

お互いにヘッドバッドを始め

f:id:oopswalkman:20210412232943p:plain

ブライアンが場外へそんな中エッジはレインズへスピアー

f:id:oopswalkman:20210412233005p:plain

カウントするも

f:id:oopswalkman:20210412233025p:plain

レフェリーが引き摺り下ろされてカウント失敗

f:id:oopswalkman:20210412233047p:plain

エッジ先生の怒りは倍増しております

f:id:oopswalkman:20210412233102p:plain

そんな中先ほどエッジにやられた、ジェイ・ウーソが戻ってエッジを襲撃

f:id:oopswalkman:20210412233121p:plain

その隙にレインズが押さえ込み王座防衛という結果となりました。

 

試合以外で気になった場面がありました。

 

f:id:oopswalkman:20210412235147p:plain

まず、キング・コービンが出演しているスニッカーズのCM

f:id:oopswalkman:20210412235257p:plain

ホールオブフェイムのオジーオズボーン。単純に老けた、というよりも車椅子姿だったのが驚きでした。

f:id:oopswalkman:20210412235447p:plain

こちらもホールオブフェイムのケイン。一応群州議員をしているのでマスクなし、スーツということだろうと思いますが、この姿を見るとなんか運営部長をやっていた頃を思い出すんすよね・・・。日本にもグレートサスケという議員もいましたし、マスクでも活動できるんじゃないっすか。

f:id:oopswalkman:20210413000107p:plain

再び昨日に続きベイリーがガン無視されてます。

f:id:oopswalkman:20210413000202p:plain

ニッキー・ベラにジョン・シナはもう定番ネタになっているみたいですね。反撃されちゃってます。ダニブラさん夫妻ももし何かあったらネタになるのでしょうか!?




プロレスランキング